290

Prophet of Babylon is now working for Antioch government at space transportation bureau. He comes to stadium for seeing a car race. He notices Hikari. "He was a limited express in Nineveh."
バビロンの預言者は、宇宙交通局でアンティオキア政府のために働いています。彼は、モーターショーを見るために、スタジアムに来ました。そして、ピカリに気がつきました。「彼は、ニネベの特急列車ではないか。」

289

Achilles who is always No 1 despises Turtle, and he says to Turtle, "You are dunce!" However, Turtle does't care and he says " Last in, first out."
いつも、一番のアキレスは、亀くんを馬鹿にしていました。そして、彼にいいます。「のろま!」
しかし、亀君は、気にしません。彼は言います。「最後に入るもの、最初に出ず」

288

"Turtle" who is best friend of Hikari's at Antoich is always booby at race.
アンティオキアでのピカリのベストフレンド亀くんは、いつもレースではビリです。

287

Hikari is a average racer. But he has good friend at Antioch.
ピカリは、平凡なレーサーです。しかし、ここでは良い友達がいます。

286

Hikari has been sold to Antioch by Turk. He is now a race car at Antioch stadium.
ピカリはアンティオキアにトルコ人によって売られました。彼は、レースカーとして、スタジアムで活躍してます。 

285

There is a huge stadium for car race at Antioch.
カーレースのための巨大なスタジアムがアンティオキアにはあります。

284

The government of Antioch focuses on space development. 
アンティオキア政府は、宇宙開発に力を入れてます。

283

They give up going to Japan. They will go back to Alexandria. Keikyu 2000 will stay in Busan.
彼らは、日本には行くことを諦めました。彼らは、アレキサンドリアに帰ることにしました。2000形は、釜山に留まることになりました。

282

Strangemania says to Japan 600 and Mongolia 2000, " You cannot go Japan ! You must not go Japan."  Japan 600 asks " Why mustn't we go Japan?." Strangemania CEO falls in silent. However, at that time Japan 600 understands the reason.
ストレンジライクCEOは言いました。「日本に行くことはできないし、行ってはいけない!」600形は答えました。「なぜ、行ってはいけないんですか?」ストレンジライクCEOは黙ってしまいました。しかし、その時、600形は事情を理解しました。

281

There is ship of Strangemania CEO at port of Busan!
ストレンジライクCEOの船が釜山港に!

280

The governance and jealously of Japan national railways had declined Japan. 
国鉄の支配と嫉妬は日本を衰退させました。

279

There had used to be many types trains who were charterers and talents in Japan.
かっては、日本では、たくさんの種類の列車たちがいました。彼らは、いろいろな性格、才能をもっていました。

278

Japan trains had become same color, same faces , same attitude. They didn't have character.
日本の列車は、同じ顔、同じ色、同じ態度になってしましました。彼らには、個性がありません。

277

Japan national railways had introduced S700 instead of "Moonlight" and "Keikyu 2000"
国鉄はS700形を、月光号や京急2000形に代わって導入しました。

276

Moonlight and Keikyu 2000 were defeated. Moonlight were cut in to piece. Keikyu 2000 were sent to Mongolia.
月光号と京急2000形は敗北しました。月光号は、切り刻まれ、京急2000形は、モンゴルに送られました。 

275

Keikyu 2000 and "Moonlight" who was star in Japan was standing against oppression of Japan national railways.
京急2000形と日本ではスターである月光号は、国鉄の横暴に立ち上がりました。

274

Japan national railways hated " Create" and "Imagination".The evolution of  education was to eliminate the man with imagination. The man with imagination were closed to underground which was called catacomb.
国鉄は、創造、想像力という言葉を嫌っていました。進化の教育は創像力のある人を排除しました。創造力のある人々は、カタコンベといわれる地下に閉じ込められました。

273

The goal of evolution of education is to educate children as a clock-worked man.
進化の教育の目的は、子供たちを、時計仕掛け人間にすることです。

272

Education Had been started to be controlled by Japan national railways at that time. Their style of education was called Evolution of education.
彼らの教育システムは、進化の教育と呼ばれていました。

271

Japan national railways was not only railway company. They had dominated not only railways but also education, and electrical power at Japan. 
国鉄は、ただの鉄道会社ではありません。彼らは、日本の鉄道だけでなく、教育、電力などを支配してました。

270

Mongolia 2000 was ace of Japan national railways at Japan. He was called Keikyu 2000 at Japan. He used to run in front of wormwood power station of Fuji.
日本では、2000形は国鉄のエースでした。彼は、日本では京急2000形と呼ばれていました。彼は富士ニガヨモギ発電所の前をよく走りました。

269

Mongolia 2000 has come from japan, using this bridge at Busan.
2000形は、この橋を使って日本からやって来ました。

268

There is bridge to Japan at Busan.
日本(ジパング)への橋が釜山にあります。

267

Japan 600 and Mongolia 2000 have left Pyongyang with disgust. They are headed for Busan. 
2000形達は、うんざりしながら、ピョンヤンを去りました。彼らは釜山に向かいました。

266

They believe them-self for sure. " We are good, and right." However, If they are pointed out incontinent fact, they soon get mad!
彼らは、自分自身を良くて、正しいと信じて疑いませんでした。しかしながら、彼らは、不都合な事実を指摘されると、彼らは、怒り狂いました。 

265

At Pyongyang there are many advertisements, " We are great, and whole world admire us."
ピョンヤンでは、たくさんの宣伝がなされていました。我々は偉大であり、世界中が我々を羨んでいると。 

264

Japan 600 and Mongolia 2000 decide to go to Pyongyang prison with a little curiosity.
600形と2000形は、ピョンヤンン刑務所に行くことに決めました。少しの好奇心もあったからです。

263

The only way to be released from Pyongyang prison is to know his own sin and the city he belongs to is to be headed for hell.
ピョンヤン刑務所から出所する方法はただ一つです。自分の罪と自分の属している町が地獄に向かっていることに気が付くことです。

262

Pyongyang prison is called Jerusalem which is a legendary city. We don't know why Pyongyang prison is called Jerusalem. Pyongyang prison does not have penal servitude.
ピョンヤン刑務所はエルサレムとも呼ばれてます。なぜ、そのように呼ばれているかはわかりません。ピョンヤン刑務所には、懲役刑というものがありません。

261

The man asks Japan 600 to take the Pyongyang which is a secret prison.
その男は、自分を、秘密の刑務所と言われるピョンヤンに連れていってくれと600形達に頼みました。  

260

Some man is waiting for train at Xian station.
ある男が、西安駅で待っていました。

259

All Karakorum has been burned and destroyed.Japan 600 and Mongolia 2000 have decided to go back to Japan which is their homeland.
カラコルムの町はすべて、焼かれ、破壊されていました。600形と2000形は、故郷のジパング(日本)に行くことに決めました。

258

After all Japan 600 and Mongolia 2000 have come out from underground where they have hidden.
全てが終わった後、600形と2000形は隠れていた地下からでてきました。

257

David believes that he is saved by one God. His long journey has ended.
ガザーリは信じました。自分は、神に救われた。彼の長い旅は、終わりました。 

256

Karakorum is burned by fire soon, but the train which David is in can get out of fire!
カラコルムはあっという間に火に包まれました。しかし、ガザーリの乗った列車は、その火から逃れることができました。

255

Some woman in the train is screaming out. Because the flying is starting to fire.
列車に乗っている女性が叫びました。飛行物体が攻撃をはじめたのです。 

254

The train which David gets in has departed from station.
ガザーリーが乗った列車は、駅を発車しました。

253

Mr yellow is standing, and said "This peril is not from the boy with one eye but my secret ambition and jealousy. I must take responsibility for this curse. Here is ticket. I will give you to it."
アンゴルモアが立っていました。彼は言いました。「この災いは、片目の青年ではなく、私の密かな野心と嫉妬が引き起こしたものです。 私が責任を取らなくてはなりません。ここにチケットがあります。これを、あげます。」

252

David chief is in despair. Then the voice is behind him. "Mr David! Mr David!"
ガザーリーが絶望にいる、まさにその時、「ガザーリーさん、ガザーリーさん。」と呼ぶ声が。

251

David is headed for station. There is many people who are confused. David is devastated, and he cannot pray. He gives up his life.
ガザーリーは、駅に向かいました。多くの人々がいました。ガザーリーは打ちのめされました。そして、信仰も失いました。「もうこれで終わりだ。」

250

Here comes the flying at Karakorum.
あの飛行物体がカラコルムにやって来ました。

249

David is released and is said " Everything is over, run! "
ガザーリーは釈放され、こう言われました。「全ては、終わった。逃げろ!」

248

Some people are running away from Karakorum. The flying seem to be headed for Karakorum.
一部のカラコルムの人々は 、カラコルムから逃げ出し始めました。あの飛行物体が、カラコルムに向かっている らしいのです。

247

Japan 600 is left to underground. Mongolia 2000 said to Japan 600 "Stay here, and awful things are going to happen."
600形は取り残されました。しかし、地下鉄2000形は言いました。「ここに、いなさい。おそろしいことがこれからおきます。」

246

David chief is taken to prison which is notorious 111 prison for political prisoner.
ガザーリーは、政治犯のための悪名高き111号刑務所に連れていかれました。  

245

When Mr yellow talking, the police come in the station.
アンゴルモアが話している時、警察が駅に入って来ました。

244

Some train is headed for secret station in which Mr yellow is.
ある列車が、アンゴルモアのいる秘密の駅に向かっていました。

243

The man with one eye insisted " If i were minister, I would have built up empire of Mongolia over whole world." Mr yellow had given his position to the man with one eye. New Mr yellow created the empire of Mongolia with Dr Babysitter. The empire had conquered the whole world with fear.
その片目の青年は主張しました。「もし、私が大臣ならば、モンゴリアを世界大帝国にします。」  片目の青年は、新しいアンゴルモアとして、ベビーシッター博士とともに、モンゴル帝国を建設しました。 帝国は、恐怖で世界を支配しました。

242

The man said " I am Mr yellow." David chief is surprised at what he said. The man continues " The man you have met at Kaliningrad is not Mr yellow." He explains " The obligation of minister was burden to me, and I came across the boy with one eye."
その男は言いました。「私がアンゴルモアです。」ガザーリーは、驚きました。「あなたがたが、カリーニングラードであった男は、アンゴルモアではありません。」 彼は説明しました。「昔、大臣の役目が私には、重荷でした。あるとき、私は片目の青年に出会いました。」

241

It is the man that is standing at the station.
ある男が、駅に立っていました。