34

THE EXCEPTION was redeemed to derail himself to protect EUNUCHTRAIN. The exceptional sacrifice had moved STRANGEMANIA’s heart. He decided to use THE EXCEPTIN as his private train.
例外くんは、宦官列車を守るため、身代わりに、自分を脱線させました。ストレンジライク社長は、感動しました。彼は、例外くんを自分専用の車両にすることに決めました。