85

He embraced Hikari and cried and shouted “ Don’t do that, don’t do that” The people had left there in awe. Police took away him. Hikari does not know what he will do after that. But without him Hikari isn’t existence.
彼は、ピカリに抱き付き、泣きながら叫びました。「やめてくれ、やめてくれ」人々は、恐れをなし、その場を去っていきました。彼は、警察につれていかれました。その後、彼がどうなったか、ピカリは知りません。しかし、彼がいなかったら、ピカリは、今存在しません。