100

The sisters of Hikari can get out of the empire of byzantine. Haman feels something.
ピカリのお姉さんたちは、ビザンティン帝国から脱出しました。ハマンは何かを感じました。

99

Mongolia has gifted Haman to a new huge statute of captive.Haman has no enemy. 
モンゴル軍より、ハマーンに新しい巨大な拘束の像が送られました。ハマーンには、もう敵はいません。

98

There are no 26 members of NERD. Haman has got all of power!
26人のナード党員がいなくなった今。ハマーンは、全ての権力を手にいれました。

97

Minister of Mongolia has visited Byzantine to meet Haman.
モンゴリアの大臣は、ビザンティン を訪問しました。ハマンに会うためです。

96

In sorrow they are executed. Nobody has forgotten 26 martyrs.
悲しみの中、刑は執行されました。人々は深い悲しみに落ちました。

95

26 members of the party of NERD are arrested as an offender, and they are sentenced to death.
ナード党の26人は、逮捕、この事件の犯人として、処刑されることになりました。

94

Simultaneously there happen to be blasting attacks everywhere in Byzantine.
そのような最中、同時に町のいたるとこが爆破されるという事件が起こりました。

93

K-dragon who is leader of NERD party and suspicious of Haman’s policy is standing up against Haman. He makes a speech everywhere in city. “ Life is a hardship, let’s fight against sufferings with us. But what Haman’s policy that a stone to bread is only a temptation” 
ハマーンの増長に、警戒を抱くナード党の党首Kドラゴンは立ち上がりました。彼は町の至る所で主張しました。「人生には困難はつきものです、ともに、その困難に立ち向かいましょう!ハマーンが主張する石がパンになるという政策は、悪魔の誘惑にしか過ぎません。」しかし、彼に耳を貸す人はいませんでした。

92

Mongolia submarine special unit has left Karakorum secretly. 
トルコ特別部隊のモンゴリアの潜水艦が、カラコルムをひっそりと出発しました。

91

Mongolia will use Haman to conquest Byzantine in Karakorum.
モンゴリアはハマンを利用し、ヨーロッパの入り口であるビザンティンを支配しようという計画を立てていました。  

90

Haman has ambition to be back to Totalitarian state. Haman has criticized the imperfect of democracy society and congress. The victims of democracy support him.
しかし、全体主義国家にもどそうと目論んでいる男がいました。ハマーンです。ハマーンは、社会構造の不完全性と、議会の無能を指摘し、民主主義の犠牲者たちの支持を得ていました。 

89

Now Republic of Byzantine is a democracy society. The congress has ruled it. However, there remains to be the statue of captive made in Totalitarian era.
現在は議会が支配する、民主国家です。しかし、全体主義時代の拘束の像はまだ残っています。

88

Republic of Byzantine used to be Totalitarian state.
ビザンティン共和国は、かっては全体主義国家でした。

87

Republic of Byzantine is a megalopolis.
ビザンティン共和国はメガロポリスです。

86

The elderly sisters of Hikari have worked at Republic of Byzantine.
ピカリのおねえさんは今、ビザンティン共和国で活躍しています。

85

He embraced Hikari and cried and shouted “ Don’t do that, don’t do that” The people had left there in awe. Police took away him. Hikari does not know what he will do after that. But without him Hikari isn’t existence.
彼は、ピカリに抱き付き、泣きながら叫びました。「やめてくれ、やめてくれ」人々は、恐れをなし、その場を去っていきました。彼は、警察につれていかれました。その後、彼がどうなったか、ピカリは知りません。しかし、彼がいなかったら、ピカリは、今存在しません。

84

Then the man who was called thinker of sympathy was shouting out in the crowd.
突然、群衆の中で叫ぶ男がいました。同情の哲学者と呼ばれている男です。

83

Hikari was surrounded by people. They said “We don’t need you. We decided to abolish you.”, and they tried to destroy Hikari.
ある日、ピカリは、人々に囲まれていました。その人たち言いました。「お前はもう必要ない」と言って、ピカリを壊そうとしました。

82

Something of tender power touched Hikari’s heart, and thanks to him jealousy feeling had vanished. Hikari and Hikari’s sister were best friends, too.
しかし、ある日、ピカリの心に大きな優しい力のようなものが触れました。不思議に嫉妬心はなくなりました。二人は、兄弟であり親友になりました。

81

Hikari’s sister would be popular. Many railways send a purchase order of Hikari’s sister. Many Hikari’s sister had been manufactured. Hikari was in jealousy.
ピカリのお姉さんは、すぐに人気ものになりました。沢山の鉄道会社から注文が殺到しました。ピカリのお姉さんはたくさん製造されました。ピカリは、嫉妬になやまされました

80

Hikari used to be selfish. Hikari demanded that I need an elderly sister.
ピカリには自己中心的な時代がありました。「お姉さんがほしい」とわがままを言いました。

79

Hikari has left Frankfurt with obscure anxiety.
ピカリはぼんやりとした不安を胸に、フランクフルトを去りました。

78


Last day Hikari and Artman go to see the north Frankfurt. There are some huge aircraft carriers constructed. Hikari is afraid Something awful will be waiting for us.
フランクフルト最後の日、北フランフルトの様子をのぞきに行きました。そこでは、巨大な空母を数隻建設していました。なにか、良からぬことが起ころうとしているのだと、おそろしくなりました。

77

They have created a new standard that HAM is bad-tasting. They can be superiority to SAINTTRAIN because of the standard they make up. However, the false idea can’t deceive the honest man like you!
それで彼らは、自分が優位に立てる価値基準を作り上げたのさ!「ハンブルグ出身者は卑しい!」とね。しかし、お前さんみたいな正直者にはそんな偽りの概念は通じないのさ。

76

Hikari does not understand why Ham is wrong, so he asks Artman. Artman grimes in mask and explains “If SAINTTRAIN were nice and handsome, how PRODIGALTRAIN would feel? Jealousy!
ピカリはなぜ聖列車君が悪いのか、わかりませんでした。アートマンに聞きました。アートマンは、マスクの中でにやりと笑い、こう説明しました。凄くすてきで、ハンサムな聖列車の前に、放蕩列車は、どう思う?悔しいじゃないか!

75

PRODIGALTRAINs warn Hikari about relations with SAINTTRAIN. 
しかし、放蕩列車に注意されました。ハンとは付き合うな!

74

Hikari becomes friends with SAINTTRAIN. SAINTTRAIN has comed from Hamburg.
ピカリは、聖列車君と友達になりました。彼はハンブルグから来ています。

73

PRODIGALTRAINs whose type was used mainly in Frankfurt had dived into a lake unreasonally. After accident they don’t use railways.
その事故とは、放蕩列車(フランクフルトで主に使用されている車両)が突如、湖に突っ込んだのです。理由はわかりません。人々はそれ以来、鉄道を利用しなくなりました。

72

There were a sever accident of railways at Frankfurt. So they use a bus usually.
フランクフルトの人はあまり、列車を利用しません。バスを使うのです。なぜならば過去にひどい事故があったからです。

71

Artman opens heart to Hikari unreasonably and of no cause.
アートマンはなぜか、ピカリには心を開きました。

70

Artman who is builder of the statute of will has used up all fortune for construction. He is working as a station staff for surviving.He has been disgusted at Frankfurt’s neglecting not using up wealth.
そのことを、苦々しい思いで見ている人がいました。アートマン駅員です。彼が、意志の塔を造っているのです。彼は、金持ちの息子として生まれましたが、意志の塔建設で、全財産を使いはたしました。生活のため、駅員として働いているのです。彼は、財産を使いはたしたことより、自分がかえりみられないことに怒りをもっていました。

69

The statutes of will are constructed everywhere. However, they don’t know why the statutes are, who builds the statutes. They don’t care. Will is just existence.
意志の塔がいたるところに、建てられています。しかし、なぜ、その塔が建てられているか、誰がたてたのか、誰も知りません。また、そのようなことは、気にもしないのです。ただ、塔があるのです。

68

Frankfurt is divided sadly. North Frankfurt is governed by Mongolia, and South Frankfurt is a freedom society.
フランクフルトは、二つに分断されています。モンゴル軍が支配する北フランクルトとその支配をのがれた南フランクフルトにです。

67

Hikari is headed for Frankfurt as a temporary express.
ピカリは、臨時特急として、フランクフルトに向かいました。

66

He has left Nineveh bringing the evacuees with tears.
涙をもって、避難民を乗せ、ニネベを後にしました。

65

Those people who cant enter a shelter is waiting for Hikari. Hikari said Not to worry, there are many rooms in our house.” Hikari cries for his hometown, even if they have been so cold for him. He loves Nineveh.
多くのシェルターに入ることのできない人々が彼らを、待っていました。ピカリは言いました。「私達の場所には、たくさん住む場所があります。どうぞご安心を!」ピカリは泣きました。故郷はピカリには、冷たかったけどやはり、故郷なのです。

64

Some people can enter the Aqua fish, but others cannot. To relieve the evacuees Hikari is headed for Nineveh.
しかし、アクアフィッシュに入ることが出来るのは一部です。ピカリは、避難民を助けるため、ニネベに向かいました。

63

The Nineveh has constructed the Aqua Fish which is a shelter.
ニネベ政府はシェルター、アクアフィッシュを建設しました。

62

The wormwood is no harm for a human body. It has damaged the minds and the hearts of human’s.
ニガヨモギは、健康には害がありません。人々の心や精神に悪影響を与えるのです。

61

The wormwood has come over Nineveh.
ニガヨモギはニネベにも襲来しました。

60

The Babylon has concealed the accident of the wormwood PowerStation. To deceived it Kuroda PM has set a fire on own city!
バビロン政府はニガヨモギ発電所で事故を、起こしたことを隠していました。クロダ達は、それをごまかすため、自らの町に、火を放ちました。

59


Hikari is back to Alexandria. Sevaeral facts wake him up, but he is a still believer. Time CEO is there.
ピカリは、アレクサンドリアに戻りました。もう夢心地ではありません。しかし、信じる気持ちはまだ残っています。タイム社長が来ているようです。

58

On the way to Alexandria Hikari has thought about absurdity of human being and silence of Almighty god.
アレクサンドリアに帰る道中、ピカリは人間の愚かさと全能の神の沈黙について考えていました。  

47

Someday in water their huge buildings are nonsense except the fools on ship. Hikari thinks his story as a real one through his experience, even if the VERB chief is a phony.
ある日、大水がおそった時、それらの建築物は無意味でした。一部の愚か者とされてきた人は除きますが。ピカリは、これらの話がおとぎ話とは思いませんでした。たとえ、デブ駅長が詐欺師でもです。

46

In competition they had builded huge mansions by each verbal word.
それぞれが競い、それぞれの言葉で、巨大な体系を作り上げていきました。

45

In their philosophy the idea was builded by a verbal word. They had lived in penthouses.
彼らの哲学は、言葉によって、概念を構築して、自分を高みにおいていました。

44

The VERB chief of Hippo station who has been a researcher of the project of new Babel is a con man. They don’t trust him. He says "Babel was drown and cleansed in water!"
ヒッポのデブ駅長はバベル再開発で働いていた経験があるようです。しかし、虚言癖があるため、少し信用がありません。彼は言いました。バベルは水で滅んだんだ!

43

Strangemania CEO gives rests to Hikari. He will go to Hippo which SLOWTRAIN is now in.
ストレンジライク社長は、彼に休暇をあたえました。彼は、鈍行くんのいるヒッポにむかいました。

42

Hikari is so tired, so he has a sick in his heart. But, in fact they are angry that Hikari shines a light on their dark.
ピカリは疲れていたのです。被害妄想が起こってしまいました。しかし、アレクサンドリアの人々が自分たちの闇にピカリが光を照らしたことを怒ったのも事実です。

41

People of Alexandria seem to be cold, and more the whole Alexandria is against him.
アレクサンドリアの人々は、心なし冷たくかんじられました。町全体が彼を避けているように感じました。