253

Mr yellow is standing, and said "This peril is not from the boy with one eye but my secret ambition and jealousy. I must take responsibility for this curse. Here is ticket. I will give you to it."
アンゴルモアが立っていました。彼は言いました。「この災いは、片目の青年ではなく、私の密かな野心と嫉妬が引き起こしたものです。 私が責任を取らなくてはなりません。ここにチケットがあります。これを、あげます。」

252

David chief is in despair. Then the voice is behind him. "Mr David! Mr David!"
ガザーリーが絶望にいる、まさにその時、「ガザーリーさん、ガザーリーさん。」と呼ぶ声が。

251

David is headed for station. There is many people who are confused. David is devastated, and he cannot pray. He gives up his life.
ガザーリーは、駅に向かいました。多くの人々がいました。ガザーリーは打ちのめされました。そして、信仰も失いました。「もうこれで終わりだ。」

250

Here comes the flying at Karakorum.
あの飛行物体がカラコルムにやって来ました。

249

David is released and is said " Everything is over, run! "
ガザーリーは釈放され、こう言われました。「全ては、終わった。逃げろ!」

248

Some people are running away from Karakorum. The flying seem to be headed for Karakorum.
一部のカラコルムの人々は 、カラコルムから逃げ出し始めました。あの飛行物体が、カラコルムに向かっている らしいのです。

247

Japan 600 is left to underground. Mongolia 2000 said to Japan 600 "Stay here, and awful things are going to happen."
600形は取り残されました。しかし、地下鉄2000形は言いました。「ここに、いなさい。おそろしいことがこれからおきます。」

246

David chief is taken to prison which is notorious 111 prison for political prisoner.
ガザーリーは、政治犯のための悪名高き111号刑務所に連れていかれました。  

245

When Mr yellow talking, the police come in the station.
アンゴルモアが話している時、警察が駅に入って来ました。

244

Some train is headed for secret station in which Mr yellow is.
ある列車が、アンゴルモアのいる秘密の駅に向かっていました。

243

The man with one eye insisted " If i were minister, I would have built up empire of Mongolia over whole world." Mr yellow had given his position to the man with one eye. New Mr yellow created the empire of Mongolia with Dr Babysitter. The empire had conquered the whole world with fear.
その片目の青年は主張しました。「もし、私が大臣ならば、モンゴリアを世界大帝国にします。」  片目の青年は、新しいアンゴルモアとして、ベビーシッター博士とともに、モンゴル帝国を建設しました。 帝国は、恐怖で世界を支配しました。